宇都宮デートコーディネーターの新國です。

婚活が遅いと相手になる人の年齢も上がってしまうのを回避できないのか?
先日、昔、勤めたいた会社の本部長のバリバリのキャリアウーマンの方が、やっと婚活を始めたから何とかして!と電話がありました。

その方は、現在は外資系の貿易会社に勤めていて年の半分位は海外に行っている事が多く、どこぞの国の取引先では彼女を介さないなら取引をしない!
と我儘を言って来る会社もあるそうなので、なかなか婚活どころか彼氏を見つける時間も無かったそうなのです。

そんな彼女もとうとう48歳と言う年齢になってしまい、婚期どころか彼氏も見つけづらい年齢になってやっと1年に2ヶ月程度の海外出張で済む様になったわ~と言ってました。

この位だったら、誰かイイ人が居たら結婚したいものだけど、もう48のオバサンでは相手が見つからないかも知れないわね?と半ばあきらめ気味の様でした。

すると、昔お世話になったお方、知り合いのつてを使い結婚相談所に登録ではなく(時間がかかってしまうと判断したため)お見合い写真をごっそり持って彼女の自宅へ押しかけました。

私も、合コン数千回というキャリアの持ち主、色々な知り合いがいますので48歳キャリアウーマン二か国語以上がペラペラの女性~と言うプロフをつけてお見合い希望者を募った所、
意外や意外10人以上の男性からぜひ会いたい連絡がありました。

直接の知り合いだけではなかったのですが。

48歳と言う年齢だと子供を望めないと言う条件は理解しているだけでも凄いのに、実際10人以上!と言うのもまた凄いと思いましたね。

ただ、写真やプロフを見てみた所、彼女より歳が上でしかも老後の介護の相手として来て欲しい的な?愛じゃなくて労働力として結婚を希望している?
老人年齢の人が多かったので言いずらいというのが本年でした。

実際見せてみると「これって本当にお見合い写真なの?!」と彼女もお詰め寄ってきまして、やはりこの48歳と言う年代になると純粋に結婚相手として見られなくなってしまう可能性が高くなってしまうのかも知れません。

ただ10枚以上の中に一人だけ、年齢が45歳で3歳年下の男性の写真が入っていたのですが、その人は数年前に奥さんを病気で亡くされて、
2人の娘さんがいる~とプロフに書かれていました。

実際彼女も年下が来るとは思っていなかった様で、良い機会なのでその人とお見合いをする事を決めました。

~と言う感じで、年齢が上になってからの婚活では非常に厳しい状況になる事は必至なので、本気で結婚を考えている人は、納得のいく相手が見つかるまでは
根気よくお見合いをしたり結婚相談所に相談し続けるのもイイかも知れません。

また、学生時代の同窓会などに行ってみると、同級生の中にまだ独身を保っている人も居たりする事も多いので、その辺りに狙いを絞って見るのも手だと思います。

婚活に遅い早いは無いとは思いますが婚期には時期があるので、将来結婚をしたいと思っている人はなるべく早めに相手を見つけたり、
見つからなかった時の対策を講じておくと良いでしょう。