宇都宮デートコーディネーターの新國です。今回は女性の結婚条件についてお話ししたいと思います。

結婚相談所で活動する場合、まず女性が検索する条件として年収があると思います。これは良い、悪い抜きにして条件検索だけの活動ですとどうしてもそうなってしまいます。

男性の平均年収について見てみましょう。男性全体の平均年収は512万円です。(国税庁調べ)これは年齢もバラバラです。若い方から高年収の50代の管理職の方まで入った平均年収です。

それでは、結婚相談所で活動している女性に聞く希望年収はというと大体ですが500万円以上という回答が多いのではないかと思います。

もちろんそれに、高学歴、安定した職業、高身長、親との同居がないなど諸々とした条件も出てきます。

このような希望を持って活動をするのですがもちろんそのような男性もいますが、かなり少なく完全に望むお相手を結婚することは難かしいと言わざるとえません。

実際、30代前半の男性の平均年収は、430万円、30代後半の平均年収は499万円です。つまり30代を望む女性の希望年収を考えてしまうと高望みとなってしまうのです。

ですが、いざ高いお金を払って相談所を入って、さて検索とパソコンやスマホを前になると望みを出すのは当然だと思います。

ではその前に男性はどういう視点で女性を選んでいるのでしょうか?

ここでいう条件ということになるとやはり顔、年齢という事になってしまいます。私の所に入った会員さんで、どんな方でもお会いしたいと、当初言っていたのですが選ぶ女性会員さんは、ほぼキレイな方ばかりという方もいらっしゃいました。

そういった中でどうすれば女性は理想と男性と出会えるのでしょうか?相談所の活動の中ではまず選んでもらうということが重要になります。自分が望むべき男性に本当に自分はふさわしいののか?という事です。

高収入の男性は、仕事も大変でしょうし、やはり自分に厳しいという人も多いのではないかと思います。自分に厳しいという男性は他人にも厳しいかもしれません。

そういう方には、男性の心をつかむような家庭的な面が必要かもしれません。料理上手、胃をつかむ必要があるかもしれません。また内面を磨く必要があるのかもしれません。そもそも初めに選んでもらうために、見栄えいい写真を撮る必要があるかもしれません。その見栄えの良い写真を撮るためにエステに通うなど外形をよくする必要があるかもしれません。

とにかく、高収入の方を望むという場合には、自分自身を高める必要性があるという事です。ですがそれが本当の幸せなのかと思うところもあります。実際結婚してみたら、お金はあるんだけれど辛い毎日が待ってるかもしれないという事です。

何においても求める要求が高ければ高いほど、リスクが高いという事です。

先ほどあげた条件で家事、家庭も完璧、相手も気持ちもよく分かり、苦労も乗り越えてゆくわという心があるのであれば、望む年収の方を手に入れる可能性もあります。ですが結婚という人生のポイントで重要なことはそんな条件なんでしょうか?

一緒に生活する上での相性やフィーリングや価値観なのではないでしょうか?また半分の方が離婚する中で高収入の男性と一緒にいられるかわ分からないのです。

こんなことを書いてしまうと婚活するさえ嫌、大変思ってしまう女性も多いかもしれません。

本当の結婚の幸せとは何かを考えてから婚活して欲しいと思っているにです。

先ほど書いたようにお金だけがすべてではありませんし、自分自身が働いていれば世帯収入という考え方もできるのです。

結婚生活というものは良いことだけではありません。辛いこと、問題をお互いに乗り越えていくという考えが必要なのではないでしょうか?

相談所、デーティングサービスの婚活ではコーディネーターが相談に乗れる、アドバイスできるという利点があります。

まずは条件という枠を取り除いていけば素敵なお相手がみつかるということが言いたいのです。