こんにちは、宇都宮デートでコーディネートのお手伝いをしています、アヤカです。

普通の、ごくごく普通の思考しか持っていない人が考える男性が結婚したいと思う女性像は大抵、しっかりしていて経済観念が高い人と思われているのかも知れません。

または、日々の生活が充実していて楽しそうな人だと考えるのでしょう。

しかし、最近ではそんなしっかりしている女性と結婚した後に、奥さんの方から愛想をつかされて離婚~と言うパターンも増えてきているので、しっかりし過ぎた人を選ぶのも微妙な時代になっているのです。

ただ、30代後半だったりアラサーやアラフォーと呼ばれる年代になってくると色々と自分に都合の良い相手を選ぼうとするのは当然ですが、自分に都合の良い相手ではなく相手に都合の良い自分に置き換えて探すと結構相手は見つかると思うのです。

婚活や婚期が遅くなってそろそろ結婚を諦めた方がイイ年齢?に差し掛かった男性は、とにかくしっかり目の人を探したり共働きをしても大丈夫な人を選ぼうとしてしまいがちです。

その考えは間違ってはいないのですが、もしそんな理想の相手が見つかったとしても同世代か年上になる可能性が非常に高いですね。

男性なら、出来れば年下の若い人と結婚したいと言う願望を持っている人の方が多いのではないでしょうか?

もし、年下の女生徒の結婚を望むのなら、自分の願望は捨てた方がイイかも知れません。

と言うのも、最近の若い独り身の女性に多い傾向が干物と言う傾向で、普段は何かと出来そうな雰囲気で学校や会社に来ているのですが、いざ家に帰るとジャージの様なパジャマのような服装でダラっと過ごして居る事が多い~と言う人が増えているのです。

この状態の女性を干物と言うのですが、普段は干物で過ごして居るけれども当の本人は割と幸せそうなのでそれが生活スタイルで合っているのかも知れませんね。

または、職場や学校ではそれなりに出来るのですが、家に帰るとイマイチ家事が苦手と言う人も多いですね。

外見や雰囲気はしっかり目なのに家事~特に片付けが苦手と言う女性は多いので、その辺のフォローが出来ると年下との婚活は上手く行く可能性は高いと考えられます。

結婚で失敗する男性の多くが自分の理想を求めすぎて玉砕する傾向にあるので、出来れば自分の理想は後回しにして、相手の理想や生活に役立つ人になった方が婚活は成功すると思うのです。

婚活雑誌やサイトでは未だに古い思想を語っている事が多いですが、今のこの時代では、自分の役に立ってくれる大人の男性~の方が若い人には人気なので、若い奥さんを貰いたいと考えている方は相手の役に立つようなスキルを身に付けて婚活に挑戦して欲しいと思います。