宇都宮デートコーディネーターの新國です。結構悩みが多い30代後半の方の婚活についてお話したいと思います。
年齢が30代後半ともなってくると、もう自分は結婚できないんじゃないか?このまま一人なんじゃないか?と言う不安でいっぱいになってしまう人が多い様です。

しかし中にはポジティブに生きている人も居て、もしこのまま自分が一人だったとしても一人でしか出来ない事をずっとやって行けばいいと思っている人も居るので、結婚願望だけに囚われてる人には見習ってもらいたいですね。

特に女性の場合、結婚できないレッテルを貼られてしまうとそれだけで自分の価値を見失ってしまう人が多い様なんですが、自分の価値などと言うくだらない評価を気にせず胸を張って生きて欲しいのです。

友人の中に、30代後半になった頃にしきりに20代の頃に付き合っていた彼氏から結婚してくれないか的な事を言われたことがあったのに、変な事を言ってはぐらかしてうやむやにして結局分かれたことを後悔している~と言う話を聞いた事があります。

友人はその後、40歳になるかならないかの年齢で何とか結婚することが出来たのですが相手は意外と身近な存在だったので、灯台下暗しとはこの事を言うのかな?と思いましたね。

当時の友人は、それはそれは結婚をしなければ自分は社会のゴミのような存在だ?とまで自分を貶めていたので、周囲の友人ともっと素敵な相手は多分身近にいるかも知れないから、学生時代の仲間で遊びに行こう!と色々と勇気づけたりしました。

どうも当時結婚を断ってしまった理由が、この彼もイイ人なんだけどもっとイイ人が現れるかも知れない?と言う欲が働いて、それで断ってしまったそうなのです。

確かに、特に運命を感じる事無く付き合ってみた系の相手の場合だと、この心理に辿り着いてしまう場合が多いので別の相手を探すために断ってしまう場合が多いのですが、それが正解になるか不正解になるかは今後の行動次第になってくるので、
彼女にはまだ行動していないからその時の別れを正解にするために頑張って欲しいと言う事を伝えたのです。

すると、学生時代のサークルの仲間の中に学生時代からずっと彼女の事を好きだった!と言う相手が現れたのです。

その人も思いを断ち切れずに独身を貫いていた~と言う所から交流が始まり、同じサークルに身を置いていたこともあって話や気も合ったことが決め手となり、その後二人は結婚する事になったのです。

と言う事もあるので、出来れば過去の恋にしがみついていないで、新しい出会いや過去の友人関係を思い出してみると良いかも知れません。

または、もしこのまま相手が見つからなくて結婚できなかったとしても、一人でいる人にしか出来ない事をやって行けばいいと思います。

結婚する事だけが幸せでは無いと思うので、もし婚期を逃しそうだ!と思っても焦らず毎日を過ごして行くうちに、思いもかけない出会いが待っていたり楽しい生活になって行ったるする事もあるので、悲観せずにポジティブな思考で過ごして行きましょう。
そういう意味でも宇都宮デートは普段出会いがないとい方にピッタリです。自分の希望に合った方を紹介できますし、身元は安心です。今の自分の世界に異性の知り合いがいないとお嘆きの方はぜひ無料登録してみてください。